パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »150722 薬学的知識の有効利用

150722 薬学的知識の有効利用  

 
オシャレに気を使いすぎると、一周回ってかっこ悪くなる。
何事もほどほどということか。

奥さんが朝から気持ち悪くて吐いていた。
たまたま持っていたプリンペランを飲んでもらった。
授乳婦だから本来なら、プリンペランよりもナウゼリンだけれど、プリンペランしかないのだから仕方がない。

ちなみに、妊婦にはプリンペラン、授乳婦にはナウゼリンというのがセオリーではある。

多くの薬は、添付文書(薬の説明書みたいなもの)をみれば服用したら授乳は避けるように書いてあるけれど、ほとんどの場合は、PL法対策。
本当に避けなければいけないものもあるけれど、多くは製薬会社の保険的な意味で書いてあるだけで、意味のないものが多い。
だから実際は、経験則的に使用している薬も多い。そしてそういう情報は実際に現場にいなければ手に入らない。ネットでは確証が得られないし、そもそも確証はなくて確率の問題。

知識があって無駄になることはない。仕事の知識が実生活に役立つと嬉しい。

関連記事

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1843-8653c489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop