パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »[書評] お金は銀行に預けるな   勝間 和代

[書評] お金は銀行に預けるな   勝間 和代  

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る

私たちは、自分のお金を労働力で稼ぐ、自分で稼いだお金を消費する、というやり方にはとても慣れているのですが、自分のお金が自分以外のところで稼いでくる、あるいは自分で稼いだお金を消費という形ではなく投資をするという考え方には、今一つなじみ切れていません。(本文より)


元々証券会社側にいた人の意見だから、鵜呑みにはできないけれど、勉強になる。
わたし自身、株をやって含み損がすごいからね。
あそこは、素人が本を数冊読んではいっていくような場所じゃあなかった…。

言うなれば、天下一武道会に出場してしまった名もないキャラみたいなもんだからね。
そりゃあ、ボコボコですよ。

とまあ、わたしの愚痴はこれくらいにして、本の中で気になるところをピックアップします。


景気というものは、いかに住宅を買わせ、いかに借金を背負わせるかということで決まると言っても過言ではありません。つまり、住宅はある意味、国としても、産業としても、一つの“集金システム”の役割を果たしているのです。


もう、この一文だけでわたしは住宅を買わないと誓った。
だいたい、よく考えてみれば、日本なんて人口も減少しているわけだし、単純に考えれば、地価はそうそう上がらないんじゃない?
だから、その分住宅も余って、供給過剰になれば必然的に価格も下がるわけで、そう考えると、賃貸の料金も下がってくるんじゃないだろうか。
そうなると、ますます住宅なんか買わないほうがいいような気がしてくる。


円高というのは相対的に円の価値があがること、円安というのは相対的にドルの価値が上がること、と区別するとより分かりやすいかもしれません。


わたしでも理解できたのだから、誰もが理解できると思う。
物事を簡単に説明できるというのは、本当に理解しているということである。
サルでも分かるように説明できなければ、プロとはいえない。
どうやら、著者は『本物』のようです。


第1原則 分散投資、分散投資、分散投資
第2原則 年間リターンの目安として、10%はものすごく高い、5%で上出来
第3原則 タダ飯はない
第4原則 投資にはコストと時間が必要
第5原則 管理できるのはリスクのみ、リターンは管理できない


この原則だけで概ね詐欺は見抜けると思う。
個人的に注目すべきなのは、原則5。
リスクとリターンのくだり。
投資を始めると、リターンにばかり目が行きリスク管理を見失う。
肝に銘じたい5つの原則である。

本書の中で著者は、投資信託の利用を促している。
わたしの個人的な考えでは、投資信託は信用ならないと思っていたが、考えを改めるべきなのかもしれない…。

0222


関連記事

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: お金   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/198-98b75c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop