パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »170702 子どもに蕁麻疹がでても、薬剤師の夫婦は焦らない。

170702 子どもに蕁麻疹がでても、薬剤師の夫婦は焦らない。  

3歳の上の子が、昨日の夕方に蕁麻疹がでました。

買い物帰りの夕食にしゃぶしゃぶを食べていたら、腕に尋常じゃないふくらみを見つけて気が付きました。

昼は焼きおにぎりと冷凍のハンバーグ、トウモロコシだし(いいもの食べてないな…。)、夕食のしゃぶしゃぶは以前にも食べたことあるものばかりだし。

夫婦ともに薬剤師だからか、どちらもほとんどあせりません。

「家になんか薬あったっけ?」
「ゼスランがあった」
「じゃあ、それ飲ませればいいか」

たぶん、二人共、明日には治るだろうと考えていたと思います。子どもの蕁麻疹の多くはこのパターンです。
実際、今朝には治っていました。

子どもの蕁麻疹は疲れやストレスで起こることがよくあり、調べても原因が分からないことがほとんどです。
蕁麻疹がでて慌てて病院へ行っても、診察を受ける頃には治まってきています。

蕁麻疹は焦る必要はないのです。土日に慌てて救急で受診する必要はありません。
ただし、かゆみ止めの塗り薬や抗アレルギー薬がなければ、子どものかゆみが辛く安静にできないかもしれません。

スイミングで疲れたのかな?

関連記事

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児  病院  病気  蕁麻疹    アレルギー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/2040-be5a090e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop