パパの育児日記 ホーム » スポンサー広告 » 日記的メモ »171021 秋の味覚、焼き芋をいただく。子供が泣いているときにどう対処したらいいのか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

171021 秋の味覚、焼き芋をいただく。子供が泣いているときにどう対処したらいいのか。  



子供が保育園で貰ってきたサツマイモで焼き芋を作りました。
電子レンジで、時間はかかるけど簡単にできます。やり方を奥さんに教わりました。

昨日はたくさん食べたらしいけれど、パパが作ると一口も食べないで「いらない」というから不思議。

4歳の上の娘が、昼頃に「ママーっ!」と言って泣き出す。
保育園でも言われていたが、溶連菌、手足口病をやってから不安定ぎみ。
最初は泣き止まそうとしていたが、30分くらいで諦めた。膝の上に座らせていたら泣きながらウトウトしだし、そのままお昼ごはんも食べずに昼寝をしてしまった。

泣かれているときに、「自己の幸福のために他者の存在が不可欠という状態では、幸福になどなることはできないなあ」とアドラー心理学のようなことを考えていた。
「泣く」ことでストレスを解消しているという面もあるから、無理にやめさせる必要もないと思ってしまう。また、こちらが反応することで泣く事によって負の承認要求を満たしてしまう事にもなる。などなど考えていたが、ようは泣かれることに慣れてしまっている。

「父親失格なのだろうか?」とも考えた。

育児において、最良の選択肢がわからない。

関連記事

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児  人生  思考  アドラー  行動 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/2068-7d1c515b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。