FC2ブログ
パパの育児日記 ホーム » スポンサー広告 » 日記的メモ »180324 子供へのプレゼントは子供の欲しいものか、親がすすめるものか?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

180324 子供へのプレゼントは子供の欲しいものか、親がすすめるものか?  

2歳~4歳くらいまでの子供で、プレゼント選びに迷うことがある。たぶん、うちだけではないと思います。



子供自身に誕生日やXmasのプレゼントを選ばせるべきかという問題。




奥さんは、子供はくだらないものを選ぶから親が選ぶべきという考えが強い。

くだらなくない、知育系の玩具をあげたいらしい。



私は、くだらなくても欲しいと思っているものをあげたらいいと思っている。


ちなみに今回は消防車です。うちのもうすぐ3歳になる息子は、はしご車が大好きで既に大小8台くらいのはしご車の玩具があります。下見に行ったら案の定、はしご車が欲しい様子。



そもそも、くだらないと思っているのは親であって、子供本人は欲しいのだから、くだらないと思っていないと思う。



玩具は遊んでなんぼだし、知育系の親が選んだ玩具にハマってくれればいいが、遊ばなければ玩具もゴミになってしまう。

なにより、自分がほしいものを選ぶということも立派な教育だ。



私がそう主張しても弱いので、欲しいという願望を満たせないまま大人になると、オタク化すると脅してみる。




奥さんもそれには納得してくれたみたいで子供の欲しいものに今回の誕生日プレゼントは傾いてきている。



子供をオタクにしないためには「一緒にゲーム」「たくさんアニメを観せれば自然に卒業する」 闇雲に禁止するとかえって逆効果



東大医学部トップの夫はゲーマー 「東大はゲームをしていても入れる」



こういう記事もあるけれど、再現性が低いしデータとして一般性に欠ける。

子育てにはこういう情報が凄く多くて、指針となるような情報がない。



ただ、自分の子供というのはかけがえのないただ1つのものだから、一般性があまり意味をなさないということも事実。



結局、最善の方法があったとても平均に対して最善であるだけで、個に対して最善であるとは限らない。

育児書は捨てるしかない。


関連記事

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/2088-856dd36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。