FC2ブログ
パパの育児日記 ホーム » スポンサー広告 » 日記的メモ »181008 ドングリを拾いに大宮公園へ 「清浄と汚濁こそ生命」とナウシカは言った

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

181008 ドングリを拾いに大宮公園へ 「清浄と汚濁こそ生命」とナウシカは言った  

奥さんが朝からドングリを拾いに行くというので、大宮公園へ。
この時期は七五三で混雑しているのではと思いましたが、8時頃だと早すぎるのか、渋滞はありませんでした。

大宮公園にドングリなんかボロボロ落ちているだろうと思っていましたが、元々が松林だったからか、あるのは松ぼっくりばかり。
事務所で、ドングリのある場所を訊きました(汗)。

池の北側、氷川神社の反対側にたくさんドングリがありました。
夢中になってドングリを拾う子供達と奥さん。

氷川神社へ来ると、私は蕎麦が食べたくなるのですが、流石にお昼頃には七五三やらお宮参りやらの自動車で駐車場への道が大渋滞でした。
当然近くの蕎麦屋さんも並んでいたので、車で『とんでん』へ行って蕎麦と天麩羅を食べました。

ドングリから虫が出てこないように、奥さんが、鍋でドングリをグツグツ煮ていました。
煮たあとの煮汁を捨てた流しがまだなんとなく臭いです。

その匂いを嗅いだときに、大宮公園の動物園へ入ったときに娘が「くっせー」と言っていたのを思い出しました(笑)。

「その人たちはなぜ気づかなかったのだろう。清浄と汚濁こそ生命だということに」
「ちがう。いのちは闇の中のまたたく光だ!!」

生命とは汚濁と表現したナウシカに、宮崎駿のセンスを感じました。

関連記事

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 人生  育児  アニメ  読書 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/2117-bb39caee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。