パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »システムの不備は誰のせいなのか?

システムの不備は誰のせいなのか?  

0311

【事実】

薬局にないロキソニンの後発品(ジェネリック)の処方がきた。
他社の後発品なら扱いがあったので、患者さんの了解を得て、病院に問い合わせて、他社の製品に変えてもらった。
素直に、先発品を処方して、後発品変更可のところに署名しておいてくれれば、もっと早く出すことができたのに…。

【気づき】

全ての後発品を薬局に置くことは不可能である。
システムを理解していないのか、理解していて後発品を指定しているのか分からない。
結局、わりを食うのは患者さんである。

【教訓】

残念だけれど、薬を確実にもらいたかったら、門前に行くのが安全だと思う。
門前の薬局は、そこの病院の処方に対応するべく在庫もそろえているから。

【宣言】

一般名で処方しろよ!


関連記事

category: 日記的メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tag: ジェネリック  後発品  システム  処方 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/216-f338583d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop