パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »[書評] 不思議な少年   マーク・トウェイン

[書評] 不思議な少年   マーク・トウェイン  

不思議な少年 (岩波文庫)不思議な少年 (岩波文庫)
(1999/12)
マーク トウェイン、中野 好夫 他

商品詳細を見る

不思議な少年というのは、サタンという名の天使。
名前からは、悪魔なのか天使なのか分からない。
自分で天使と言うのだから、天使なのだろう。

天使だからといって、人々を助けるハッピーな話ではない。
天使は、人間のことなんて気にもとめていない。
幸福だろが不幸だろうが、知ったことではない。
ゾウがアリを気にしないことと同じだと言う。

いかにも君たち人間という卑しい連中のやりそうなことなんだな。嘘ばかりついて、ありもしない道徳なんてものをふりかざしたがる。


この言葉からも分かるが、基本的に人間が好きではない。
少年(サタン)のすることは、天使の視点から見れば、その人を幸福にしていのだけれど、基本的に、幸福=死という結果になることが多い。
多くの人生がそうであるように、幸福と不幸は決して半々ではない。
不幸を避けるため、サタンは人々の運命を変えて、天国へと導く。

しかしながら、人間の視点では、運命を変えて予定よりも早く死ぬわけだから、不幸に見える。
塞翁が馬ではないけれど、幸・不幸は視点を変えると、逆転することがある。

娘を亡くし、妻も大病を患っていたトウェインにとっては、天使もサタンも同じだったのかもしれない。

本書では、魔女狩り、戦争へと話が進み、群集心理、自己欺瞞をぺスミスティックに展開している。

「だって、人生そのものが単なる幻じゃないかね。夢だよ、ただの


トウェインぐらいの厭世論が、歪んだ現代を生きるにはちょうどいいのかもしれない。


この本が、ブックオフで100円っていうのは、少し狂ってるんじゃないかと思うよ、ほんと。


関連
人間とは何か マーク・トウェイン 人間即機械・人間の価値
[書評] 「世逃げ」のすすめ    ひろ さちや


関連記事

category: 読書メモ

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: トウェイン  魔女  人生  天使  戦争 
tb: 0   cm: 1

コメント

マーク・トウェイン

こんにちは。私のブログで『ハックルベリー・フィンの冒険』紹介してるのでお邪魔してみました。トウェインは『トム・ソーヤの冒険』や『王子と乞食』とか楽しい小説も書いてるのに『不思議な少年』『人間とは何か』とか皮肉っぽいのを書いてるのは不思議ですねw

ryotaro #wr5vS6ow | URL
2008/06/15 20:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/281-76255db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop