パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »[書評] いいわけ劇場   群ようこ

[書評] いいわけ劇場   群ようこ  

いいわけ劇場 (講談社文庫)いいわけ劇場 (講談社文庫)
(2005/03)
群 ようこ

商品詳細を見る


ショートストーリーが12作、おさめらている。
やめられない事には、人それぞれ理由があって、それは理解できるものもあるし、そうでないものもある。
人それぞれ、世間とは関係なしに、自己の欲求を追及していく。
時にそれは、迷惑であり、微笑ましいものでもある。

短編集なので非常に読みやすい。
そして、短い文章に何かを吹き込めるのは作者の力量であろう。

関連記事

category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 短編 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/291-ba8889af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop