楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム » 映画メモ »[映画評] アイ・アム・レジェンド

[映画評] アイ・アム・レジェンド  

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)
(2008/04/24)
ウィル・スミスアリーシー・ブラガ

商品詳細を見る

アイ・アム・レジェンドにみる、あなたが伝説になる条件

伝説になるには、わたしが考えるに3つ条件がある。
1 偉大な功績がある
2 顔が悪くない
3 若くして死ぬ

この3つである。簡単なようだが、3つめの条件があるので達成できている人は、もうこの世にはいない。
それぞれ少し掘り下げてみよう。

偉大な功績がある
偉大な功績というのは、別に正しいことである必要はない。
いいことにこした事はないけれど、悪いことでも伝説にはなる。
偉大な功績とは、常軌を逸した行動とも紙一重である。

顔が悪くない
大衆が認めるんだから、ブサイクではだダメだ。
ブサイクでは、決定的に『絵』にならない。
チェ・ゲバラがブサイクだったっら、タトゥーに入れたり、Tシャツにしたりできないでしょう。
人は見た目が9割という本もあったけれど、実際はそれ以上だと思う。

若くして死ぬ
これが一番大切です。
レジェンドも老化には勝てません。
なぜ松田勇作がかっこいいのか? なぜアイルトン・セナが伝説なのか?
それは老いていないからです。伝説は老化してはいけないのです。
老いはそれだけでマイナス・イメージを植えつけますから、レジェンドになるには、さっさと死ぬ必要があります。

伝説になるには、死ななければならないというのは、逆説的だよね。


ここまで、映画に関係のない話を展開してきましたが、映画はB~C級のクソ映画です。
何かを発見しようと、積極的に観賞しなくてはなりません。


関連記事

category: 映画メモ

thread: 今日観た映画

janre: 映画

tag: ウィル・スミス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/296-e2c7d507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop