パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »[書評] のぼうの城   和田 竜

[書評] のぼうの城   和田 竜  

のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る

確かに面白い!
1人の「でくの坊」が、3人の猛将を従えて、20000を相手に戦をするのだから、ワクワクせずにはいられない。

正直、前半部分は、あまりのだるさにかって損したかと思った。
だけど途中から、とまらなくなった。
久々に、徹夜して読んだ。

なぜ「のぼうの城」がおもしろいのか?
理由は、3つある。
1 キャラクタが濃い
2 大逆転の期待
3 史実という現実感

キャラクタが濃い
なんつったって、戦国時代だから、キャラクタが濃いのは当たり前。
この時代は、豊臣秀吉、石田三成、徳川家康…、いたるところに逸話のある名称・知将がわんさかいた時代だから、キャラクタ小説に合っている。
江戸時代と違って、まだひねくれた武士道じゃなく、下克上の時代。一番日本がイケイケの時代だったとも言える。
だから、みんな生き生きしている。江戸時代の縛られた感じは受けない。

大逆転の期待
相手は、誰でも知っている石田三成。秀吉のバック・アップもあって兵は2万人、対する成田長親は、百姓の女・子供を含めての2千人。勝てるわけがない。
この絶体絶命の状況をどう打開するのか?
逆転の美学がある。

史実という現実感
石田三成が忍城を攻めたことは、史実である。
そしてこの戦の失敗から、三成は戦下手として後世に名を残すことになった。
なんせ、本城を残して落とせなかった城は、ここだけだったから。
失敗が何百年も残ってしまうというのは、三成にとってはかわいそうなことだが、その記録が我々の想像力をかきたてる。
登場する武将も記録に残っている。
丹波も和泉も靭負も記録がある。それがなんとも清々しい。


のぼうの城、ぜひ歴史小説を読んだことのない人に読んでほしい。


関連記事

category: 読書メモ

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/297-09d41940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop