パパの育児日記 ホーム » 映画メモ »ゆれる

ゆれる  

オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。


ゆれる ゆれる
オダギリジョー (2007/02/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る



東京で成功した弟と田舎で家業を継いだ兄、そんな兄弟の関係が見事にキャストに表れている。弟はオダギリジョーで、兄は香川照之。


渓谷で橋から幼馴染の女性が『落ちる』シーンがあるんだけど、もうね…、兄のキモさといったら…、すごいよ。


真木よう子は、本気で「触らないでよ!」って言ったんじゃないかと思うくらいのキモさ。


まあ、結局、真木よう子さん演じる幼馴染は橋から落っこちて、死んじゃうわけだけど…。


やっぱり、香川照之さんはすごい。


兄弟ってゆうのは、正直な話、微妙にライバル関係だよね。昔は、どっちがモテるかとか、勉強ができるかとかだけど、弟の彼女の方がかわいいな、と思ったりね(笑)


社会人になると、どっちが社会的に成功しているか、ということになる。社会的に成功しているの尺度は、一般人の場合どちらがより高給取りかということになると思う。


映画の中では、完全に弟>兄だと思うんだけど、兄はさ負けたくないから、基本的に、自分より高給取りの弟にお金あげたりするわけ。ああいうなにげないシーンが、すごくよく解る(笑)。


「ゆれる」という題名は、つり橋だけじゃなく、そんな兄弟関係も表してるんじゃないかと思う。真木よう子さんの乳じゃなくね…。
関連記事

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/3-2eb500f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop