パパの育児日記 ホーム » 考え方メモ »クーラーとパソコンとカフェラッテ、さえあれば

クーラーとパソコンとカフェラッテ、さえあれば  


080721

夏をのりきるのに必要なものは、3つある。
クーラー・パソコン・カフェラッテ、である。

クーラーが必要なのは言うまでもない。
小学生の頃、外で遊んでいたのが何かの間違いであったのだろう。
夏は暑くて危険だから、学校が休みになっていたのだ。
夏の暑さというのは、かほどに危険なものなのである。
それゆえに、クーラーを発明した人は大変に偉い、Willis Haviland Carrier 氏がそうらしい。
相当に偉い人だけど、実用的過ぎる発明は、商業的な価値がありすぎて、商品が先行してしまう。
悲しいものである。

パソコンは、一昔前と比べると本当に便利になった。
テレビも見れるし、映画も見れる、エロ動画も見れる。最高である。
テレビは録画していたものを1.2倍速で見るのが、わたし流だ。
1.2倍程度なら、ほとんど早回しだと感じない。
映画はほとんどこれで見ているので、1日に3本ぐらい平気で見られる。
エロ動画にいたっては、エロ本産業の市場規模の縮小を心配をしてしまうほどだ。
もはや現代っ子たちは、エロビデオ・エロ本を友人同士で回覧するということ自体がなくなってしまったのではないだろうか?
あれはあれで、妙な連帯感が生まれるものだが、青少年の育成に必要なものではないだろう。
とにかく、エロはネットの普及で、実際的な行為が含まれないものは、無料になった。

カフェラッテは、種類が豊富だから好きだ。
甘ったるいのからビターなものまで様々である。
カフェインの効果は、基本的には興奮系であるが、ちょうどいい加減で集中力が出てくる。
ある種のスイッチのような働きをしているのだろう。
「好きなものに、理由はない」というのは、ジョー・ブラックのセリフだったろうか?

行動分析学的に考えると、これら3つは「家から出ない」という行動を強化している。
わたしが悪いわけではなく、環境がそうさせているのだ。
好子をあげると、「涼しい」・「楽しい」・「旨い」である。
家にいることが、好子によって強化されるから、ますます家にいることになる。
そしてもう一方、外出することによる嫌子、「暑い」が、外出という行動を弱化させているのである。
よって、夏に家にいることは必然以外の何者でもないのだ。
わたしが悪いわけではないのだ。


関連
人間とは何か マーク・トウェイン 人間即機械・人間の価値

関連記事

category: 考え方メモ

thread: 日記

janre: 日記

tag: 行動  強化 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/315-6ff25944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop