パパの育児日記 ホーム » お薬メモ »ジプレキサ錠 (オランザピン)

ジプレキサ錠 (オランザピン)  

ジプレキサ(オランザピン)   イーライリリー
錠:2.5・5・10mg
ザイディス錠(口腔崩壊錠):5・10mg
細粒:1%

警告
著しい血糖の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が出現し死亡の可能性→血糖の測定観察を十分に行ない、上記副作用があることを患者・家族に説明し、口渇・多飲・多尿・頻尿等の異常が出現したら直ちに投与を中断し医師の診察を受けるよう指導する。

禁忌
糖尿病、糖尿病の既往歴

適応
統合失調症

用法・用量
1日1回5~10mgより開始し、維持量として1日1回10mg
1日量は20mgを超えない

作用機序
いわゆるMARTA(マルタ、multi acting receptor targeting antipsychotics)。
セロトニン・ドパミン受容体の拮抗作用だけでなく、多くの神経伝達物質の受容体に作用するとされている。
統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想など)だけでなく、陰性症状(無関心・自閉)も改善するとされる。
副作用である、錐体外路障害(パーキンソニズム)は弱い。

似た薬のセロクエル(クエチアピン)はよく出るけれど、こっちはあんまりでない。
多分、ドクターの趣味の問題だと思う。


参考
ルーラン錠4・8mg
リスパダール リスペリドン
エビリファイ錠3・6・12mg散1%
人間とは何か マーク・トウェイン 再説人間機械論

関連記事

category: お薬メモ

tag: 統合失調症   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/321-bd696b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop