パパの育児日記 ホーム » 考え方メモ »今月の給料から、年金を考えてみた

今月の給料から、年金を考えてみた  

081025

2008 10月分の給料は、235000円でした。
時給換算すると、1546円/時間ということになります。

残業が全くなかったから、いつもよりも低いです。
これから冬になって、患者さんが増えるから、残業も増えるかもしれません。

総支給額29万円なのに、色々引かれて、23万円になります。
一番多いのが、厚生年金の2万4千円なんだけれど、これって考えようによっては国にお金を貸しているようなものですね。
それも借り手にずいぶん有利な気がする。

単純に考えて、24000円を12ヶ月ぶんだから、1年で288000円払っていることになる。
金利だけれど、住宅ローンの金利がだいたい今3%ぐらいだから、低金利にしてあげて2%にすると、65歳になるまで40年間おさめるとすると、複利で膨れ上がって40年後には17743687円になります。
ちなみに、金利を考えないで、貯めているだけだと、11520000円になります。
つまり利益が6223687円もでる、すごい。

これを切り崩して65歳から生活していくわけです。
だいたい今の年金の平均をみると、男性の厚生年金の場合、年間230万円返してもらえる。
だから、何年以上生きれば得なのかがわかります。
1774万円÷230万円だから、8年以上生きれば得になります。
73歳までは、生きないと損です。

男性の平均寿命がだいたい78歳ぐらいだから、おおむね得になります。
ただこの試算は、金利を2%という低金利に設定しています。
銀行は今こんな金利ではお金を貸してくれません。サラリーローンなんて…。
ボーナスも計上していないし、65歳から返してもらえるという前提ですすめているので、極々単純などんぶり勘定です。

でも複利のパワーを確認することができました。
長期ローンを組むのはやめましょう。

関連記事

category: 考え方メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag: 金利  利益  複利  年金  給料 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/385-9a89ee73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop