パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »090412 日記というにはあまりにもお粗末

090412 日記というにはあまりにもお粗末  


ラブホテルにはいるのも、東京ディズニーランドのゲートをくぐるのも、たいていの人たちには大差ないようだった。(P36) 

スローグッドバイ  



昨日、寝るのが遅かったので、9時過ぎに起きた。

悪夢がドロドロした粘液のように、鮮明に記憶に残っていた。
夢診断をしたいが、私にはその知識がない。

雪山をソリで下るのが怖くて、くだりのリフトで降りてくる夢というのは、どういう意味があるのだろうか?
雪が怖いのか、スピードが怖いのか、それとも高いところが怖いのか?
どれも好きではないし、どれも怖い。

そんな夢の回想をしながら、パソコンを起動してメールをチェックする。
その待ち時間に、ケータイのメールもチェックする。
どちらにもたいした内容はなかった。

久しぶりにドラクエをプレイした。
何事も途中で投げ出すことが多いから、ゲームくらいは少しずつでも進めようと思った。
魔力の抜けた鏡に、海竜の光を当てて、魔法の鏡にした。
とりあえず、そこでやめた。
少し冒険が前進したわけだ。

それから少し録画していたテレビをみて、本を読んだ。
本は「快楽殺人の心理」。当然面白いものではない。

空想が殺人と結びついているというのは、面白い推察だと思う。
しかし、この本は気分が滅入るので、長時間読み続けることができない。

多くの人にとってそうであるように、快楽殺人なんてものは映画の中にあれば十分だ。
現実には必要ない。
どんな理由があるにせよ、殺人と快楽とが結びついてしまったら、そんなものは直せるわけがない。
別に死刑にしろと言っているわけではなくて、治療できないと言っているだけだ。

それから、太閤立志伝Ⅴにも手を出してみた。
だいぶ前に買ったやつだけど、一度も遊んでいなかった。
昼ごろまでやったけど、結構ミニゲームが面白い。
日本史はぜんぜん詳しくないので、ストーリー展開が読めない。
当然、大枠ぐらいは知っているけど。
信長が本能寺で殺されるぐらいは、知っている。

お昼に、と言っても3時ごろだけど、買い物ついでに親に買ってきてもらったマックを食べる。
新商品のチーズカツは、微妙だった。
キャベツがおいしくない。
あれは期間限定でよかったと思う。

それからまたゲームをして、テレビを見て、本を読んだ。
1日中、快楽殺人の本を読むのは辛いので、石田衣良の「スローグッドバイ」を本棚からだす。
大学入学当時に、一度読んでいるけれど、もう内容は抜けていると思う。
読む前に思い出せたのは、手をブラブラさせて挨拶する話が合ったような気がするという程度だから、ほとんど記憶には残っていない。
あらためて読んでみると、大甘な恋愛もので驚いた。

社会人の休日って、すごく暇だ。


関連記事

category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/478-bb5c5995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop