パパの育児日記 ホーム » 考え方メモ »政治家の傲慢さ

政治家の傲慢さ  

最近、自民党がカズさん(三浦和良さん)を『候補者』として夏の参院選の出馬を要請していたという話がありました。


まあ結果てきには、カズさんがオファーを断ったんだけど…。


わたしはこのニュースを知って本当に腹が立った。


まだ現役の選手にオファーをだすっていうのはいくらなんでも、失礼すぎるのではないだろうか?


しかも、サッカーのことしか頭にない(いい意味でね)カズさんに対して、客寄せパンダでもしろということだろうか?


何様だよ。カズさんは、大仁田厚や、田島陽子や、大橋巨泉や…、とは格が違うんだよ。


政治家たちのこの「立候補させてやるよ」的な立場がムカつくよ。


政治家よりも、安倍晋三よりも、キング・カズのほうが影響力があるということを理解できていないらしい。


やっぱり、政治家は、民間意識と意識が乖離しているということをそろそろ理解したほうがいい。


カズさん関連


いまだからこそ知っておきたい、キング・カズのいい話。
関連記事

category: 考え方メモ

thread: 政治・地方自治・選挙

janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/5-a543b8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop