パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »[読書メモ] 優先順位をつけ取捨選択する! 超! 自分マネジメント整理術 石田 淳

[読書メモ] 優先順位をつけ取捨選択する! 超! 自分マネジメント整理術 石田 淳  


超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法
石田 淳
インデックス・コミュニケーションズ ( 2008-08-25 )
ISBN: 9784757305465
おすすめ度:アマゾンおすすめ度





“いつ・誰が・どこで”やっても同様の結果が得られる(P17)


いつ誰がやっても同じ結果がでないようでは、完全な仕組みとは言えない。


整理ができていない理由は、
・「整理のやり方」がわかっていない
・やり方はわかっているが「継続する方法」を知らない
この二つしかありません。(P24)


継続できない方が重要だ。
多くに人にとって、整理できない理由はこちらだろう。


仕事のできる人は、「この部分が重要だ」といいうことを即座に判断し、そこに重点的に時間やパワーを割いています。(P25)


ボトルネック的思考法。
重要なところに、資源を割くというのがポイントだ。


「行動科学マネジメント」では、まず行動を分解して、重要な行動と不要な行動を見分け、不要な行動は捨てる(または減らす)という作業を行います。(P33)


捨てるのがポイント。
まず、行動が多いことが、時間のかかる理由だ。
優先順位をつけ、ポイントを探し続ける。


「行動」を分解し、できる人から学ぶ(P53)


できる人の仕事をよく見ることが大切。
全部のことが万遍なくできるという人は少ないが、ある特定の分野で「できる人」というのはいる。
その分野ごとに、できる人のマネをするというのが、大切。


人は評価されない行動を続けることができません。(P85)


いい行動は、評価することが大切。
褒めることも、上司の大切な仕事です。


「整理された状態」をビジュアル化する(P92)


ビジュアル化してあると、一目で分かる。


「重要か」「不要か」の判断基準はただ一点だけ。その行動が、成果に直結しているかということです。(P101)


結果に結びつかない行動は、無駄。
無駄はカットできる。
カットした分、ポイントとなる行動に時間を割くことができる。




私はことの本を読んで、何をするのか?

ポイントとなる行動と、無駄な行動を意識して取捨選択する!


関連
090628 仕事とスポーツの関係性
[読書メモ] 短期間で組織が変わる 石田 淳


関連記事

category: 読書メモ

thread: 考えさせられる本

janre: 本・雑誌

tag: 仕事  マネジメント  ポイント  整理 
tb: 0   cm: 1

コメント

ありがとうございます!

突然の書き込み失礼いたします。
「超!自分マネジメント整理術」石田淳の会社のスタッフをしております、
(株)ウィルPMインターナショナルの篠崎と申します
このたびは、「超!自分マネジメント整理術」をお読みくださいまして、ありがとうございます!
取捨選択の方法など、ぜひ、ご活用くださいますと幸いです
今後ともよろしくお願いいたします。

WillPM篠崎 #- | URL
2009/10/23 18:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/568-c4313ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop