パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »[読書メモ] 自然体~自分のサッカーを貫けば、道は開ける 遠藤 保仁

[読書メモ] 自然体~自分のサッカーを貫けば、道は開ける 遠藤 保仁  

 

ん~、正直、中村俊輔ほど「すごい」と思うようなことは書いてない。




「遊び心」を持って、サッカーを楽しむ余裕を持たないといけないと思う。(P8)


「No fan, No gain」ってやつ。
なんでも楽しんだもん勝ちでしょ。


ジェフ千葉のサッカーを見てて、どんなサッカーをするのかはだいたいわかっていたし、「考えて、走る」というわりにはムダな走りが多かったからね。(P70)


確かに無駄な走りも多い。
しかし、動きのダイナミックなサッカーは見ていて楽しいし、可能性を感じさせる。
走らないことには、サッカーは始まらないって中田さんも言ってた。


最初は「しんどい」と思っていたけど、走ることでみんながラクになることがわかると、「チームのために走る
」ということがどういうことかよくわかった。(P72)


走ることによって連動とスペースが生まれる。
生まれては消えるスペースをどう生かすかっていうのが、これからの課題だと思う。


俺が思うに1回のミスでクヨクヨしている選手は上のレベルには行けない。(P86)


後ろ向きになると、進むのが難しい。
小さいことにクヨクヨしてはいけない。


人生、ダメでもともと


初めてのことをやって失敗してもあたり前。
いちいちビビってたら何もできない。一度きりの人生だもの。
たまには、「えいやっ!」ってやってみるのもいいかもしれない。




この本を読んで、私は何をするのか?

自然に生きる。

自分を責めない。


関連
[読書メモ] チームマネジメント シャムスカ・マジック ペリクレス・シャムスカ
[読書メモ] 察知力 中村俊輔


関連記事

category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: サッカー  新書 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/577-57294e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop