パパの育児日記 ホーム » お薬メモ »091220 裸の王様 ビートたけし

091220 裸の王様 ビートたけし  

 
裸の王様
ビートたけし
新潮社 ( 2003-04-10 )
ISBN: 9784106100062
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

ビートたけしって、もう芸人じゃないよね。
なんか文化人になってしまった。
サブカルチャーとハイカルチャーとが逆転してしまっているように感じる。
大学教授が、アニメや萌えについて嬉々としてしゃべるのは、違うと思う。




普通に暮らしていて、ちょっと考ればいくらでもある。「なんでこんなものを皆、ありがたがっているのか」「こいつは怪しいぞ」ということ。(P3)


常識をうたがうということ。思考を続けることが大切。
常識には「正しさ」なんてものはない。
時代と状況が変われば、常識も変わる。

説明過多というのは駄目なんだよ。(P49)


得てしてすべてを説明しようとしてしまう。
コミュニケーションの主導権は、受けてにあると思う。

セックスにしても食事にしても、その快楽のみをどんどんエスカレートさせていくことには、何か無理があるんじゃないないのか。(P52)


生きるパラドクスがこういうところにある。
時間をお金に替えて、お金を欲望と替える。人生とは浪費であり、無駄こそが人生。
人生で効率を追求すると、生きているとは言えないんじゃないだろうか?

なんでも環境のせいにするのと、心の病を喧伝するのとは同じことなんだよ。それは、競争から降りた奴の理論だと言ってもいい。(P66)


ただ逃げるための言い訳が欲しいだけだ。
オンリーワンでいいなんていうのは、ただの甘え。
万人受けはするだろうけれど。

競争から降りた後の興味がどこへ行くのかといえば、仕方がないから「自分」だけになってきて「自分探し」とやらを始めることになる。でも、そんなものは探さなくてもいいんだって。


自分なんて探してもしょうがない。もともと消去法で自分を認識するのだから。
自分は特別という万能感は、捨てなければならない。
あなたも、私も、それなりに努力をしてきた、多くの人が努力してきた、しかし、現状はこの程度なのだ。
いまさら、イチローにはなれないし、メッシにも成れない。

極論すれば、あらゆるものはオナニーか本番か、どちらかなんだ。(P88)


リアルかバーチャルか、区別する必要はあるのだろうか?
バーチャルとリアルトの違いは、本人の主観でしかない。
しかし、「百聞は一見にしかず」という。
『百の稽古より、一回の本番』って森光子も言ってた。
それぐらい、『オナニー』と『本番』は違うのだろう。
確かに、オナニーとセックスは違った。
セックスでイケないことがあるなんて、中学生の僕は思ってなかった。

成功とかそういうものは、常に客観的なことで、主観ではない。(P182)


ビートたけしのもう一人の自分、客観とは有名な話。
主観的に成功を意識してしまったら、もう成功は終わっているのかもしれない。


関連
090101 あけましておめでとう!
アニメから発想の飛躍


関連記事

category: お薬メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: サブカルチャー  ハイカルチャー  たけし   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/610-f2c28fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop