パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »100525 読書メモ バフェット投資の王道 ロバート・P・マイルズ

100525 読書メモ バフェット投資の王道 ロバート・P・マイルズ  

 
バフェット投資の王道
ロバート・P・マイルズ, 三原 淳雄, 小野 一郎
ダイヤモンド社 ( 2005-01-17 )
ISBN: 9784478630983
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


バフェット師匠は、金持ちでありながら人格的に素晴らしいという。

豊かな人生には、金も必要だよね。




「買うのは企業、株ではない」


そいう精神で投資している人が、いったい何人いるのだろうか。
マネーゲームは、ゲームではなく現実だ。


バフェットは共に働く人間に、常に最高のビジネスを最良の方法で行うことを期待するP3


身近にあることと、同じレベルで投資を考えればいい。


ウォーレン・バフェットは、どんな分野について学ぶときでも、国籍を問わず最高権威から学ぶ。P11


一番それが、効率がいい。
一番の人が一番技をも持ってるわけだからね。


バフェットが勧める方法は、素晴らしいと思う人の性格や特徴を観察し、書き留めておくことである。P41


書き留めることが大切。書き残さないと忘れてしまう。


バフェットが求める企業は安定した利益を上げ、負債がなく、優れた経営者がいることである。P81


経営者の性質は何で分かるのだろうか?


「ある銘柄の株式を買おうとしたとき、その株式を買う理由を一枚の紙に書いておき、後にその株式を売ろうと考えたときに、売る理由を書いてみるとよい」P96


ピーター・リンチのアドバイス。
なんとなくで買ってはいけない。理由が必要。


一生保有しようと考えると、調査の段階から違ってくる。P175


目的によって、視点が変化する。
目標から、目的。
目的から、行動することによって、結果が変わる。


「会社に経済的な損失を与えることは、まだ許せる。しかし、評判をわずかでも損なう人間に対しては容赦しない」P210


信用を築くのには、時間がかるが、失うのは一瞬。
トヨタは、問題を真摯に考えなくてはいけない。


間違ことは大切だ。間違いを犯さずには何も成し遂げられない。そのなかで、避けるべき人間が二種類いることを覚えていてほしい。間違いを起こさない人間と、同じ間違いを重ねて犯す人間だ。P224


間違えない人間は、何もしていないのと同じ。
間違いを繰り返す人間は、バカ。


「上に上がるほど、間違いをする余裕が生まれる。トップまで上り詰めてしまえば、いくら間違いを犯してもそれがあなたのスタイルだと思ってくれる」P224


フレッド・アステアの言葉。
一番上は、だれからも怒られない。


関連
[読書メモ] バフェットの教訓 メアリー・バフェット、デビッド・クラーク
バフェットの投資原則


関連記事

category: 読書メモ

thread: 秘密の投資テクニック!!

janre: 株式・投資・マネー

tag:   バフェット  投資 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/723-5625696e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop