FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム » スポンサー広告 » 日記的メモ »きちんとした料理の仕方について

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

きちんとした料理の仕方について  

職場の先輩が、彼氏に料理を作ったというエピソードを休憩時間に聞いたんだけれど、つくづく、女性は判っていないと感じた。
その先輩は、普段、料理をしないから、とうぜん料理が下手なわけで、事前に練習したらしい。
そのこと自体は、間違いではないし、むしろ彼氏に積極的にアピールする部分だと思う。
練習したことをアピールすることによって、「あなたへの愛」をアピールできるわけだ。


しかしながら、よくよく話を聞いてみると、彼氏に料理を作るときの基本的なマナーができていない。


コレができていないようでは、いくら料理が上手く作れても意味がない。
世の女性が失敗しないように、わたしが基本的なマナーを紹介しておこう。


マナーその1 髪はあげろ
髪を結べるくらい長い場合は、必ず、結ぶかあげるかする。できれば、うなじを見せる。


マナーその2 エプロンを着ろ
コレをしない女性は、男心がまったくわかっていない。エプロンをした女性を横から眺めながら手伝う、あるいは邪魔をする、後ろから眺めるということが楽しいのである。


いつもと変わらない格好で料理したら、それは単純に料理の評価だけになる。当然そうなる。
視覚のプラスアルファをつけることによって、意識がそちらに移るので、もともと1つのことにしか集中できない男性の脳にとっては、普段とは違うかわいい彼女を見て、「味なんてどうでもいいか」となるのである。


この二つを守れば、基本的に失敗はありえない。


ただ、この話をした後の先輩の「アンタのフェチを押し付けないでよ」的な視線が痛かった…。
関連記事

category: 日記的メモ

thread: 今日のつぶやき。

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/77-9b165c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。