パパの育児日記 ホーム » 映画メモ »100807 映画メモ 蜘蛛女 ゲイリー・オールドマン

100807 映画メモ 蜘蛛女 ゲイリー・オールドマン  

 

蜘蛛女 [DVD]
ゲイリー・オールドマン, レナ・オリン, アナベラ・シオラ, ジュリエット・ルイス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン ( 2010-05-21 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

ジャック・グリマルディ(ゲイリー・オールドマン)は万年巡査部長の生活から抜け出すためにマフィアと内通し、情報を提供して大金をもらっていた。美しい妻のナタリー(アナベラ・シオラ)と若く魅力的な愛人シェリー(ジュリエット・ルイス)に囲まれた彼の生活は申し分ないように思えた。ある日、ジャックはマフィアの女殺し屋モナ・デマルコフ(レナ・オリン)を護送する任務についた。モナは目的のためなら手段を選ばぬ残忍な女で、ドン・ファルコーネ(ロイ・シャイダー)さえ彼女を恐れていた。移送したホテルでモナは、ジャックを誘惑する。彼の情報でマフィアの刺客がホテルに向かったが、モナはFBIの捜査官を殺して逃げていた。失敗を償わせるため、ファルコーネは彼にモナを殺すよう命じる。だが、その彼女が彼の目の前に現われ、自分の死亡証明書を作ってくれればマフィアの報酬の5倍は払うと言う。彼はセクシーなモナの魅力と金の力に屈し、取引に応じる。ジャックの背信を知ったマフィアは彼の足の指を切り落とす。追い詰められた彼は、シェリーと別れ、妻を逃がした。証明書を受け取ったモナは、彼を殺そうとする。モナは自らの腕を切り落とし、同じく腕を切ったシェリーの死体を焼いて、自分の死を偽装する。モナに捕らえられたジャックは、彼女のなすがままとなってファルコーネを生き埋めにした。やがて2人は警察に逮捕されるが、すべての罪を彼に着せたモナは無罪放免となる。勝ち誇ったように去る彼女の後ろ姿に彼は銃弾を浴びせて殺した。意外にも釈放された彼は、再会を約束した場所でいつまでも妻を待ち続けた。



まあ、あらすじはコレで全部なんだけれど、いい映画でした。

いい女は男を狂わす。古典的だ!

笑いながら殺そうとするところはかなりいい!
足で首を絞めるところなんかホラーだよね。

最後も悲しみがあって、いいね。

いい映画なのに、邦題で損をしている。
関連記事

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: 映画  セクシー  蜘蛛女  ゲイリー・オールドマン 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/772-6983ea33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop