パパの育児日記 ホーム » お薬メモ »110617 フランスでアクトスの新規処方が差し止め! 膀胱がんのリスク

110617 フランスでアクトスの新規処方が差し止め! 膀胱がんのリスク  

 
フランスでアクトス錠の服用により、膀胱ガンのリスクが高まるのではないかということで、フランスとドイツでは新規のアクトス処方はできないことになりました。(既存の患者は継続して服用しています)

武田薬品、「アクトス」と膀胱がんの関連性に関し「検討中」と発表

けっこう大きな問題だと思うんですが、ぜんぜん報道されませんね。

ネットではチラホラ出てきますが、テレビではぜんぜんやりません。
さすが武田製薬さんだなというかんじでしょうか。
それともテレビ局が勝手にビビって報道しないだけでしょうか。
真実は分かりません。

アクトスは糖尿病の治療薬で、インスリンの感受性を高めるとされています。
けっこう処方されている薬のひとつです。
武田の主力商品の一つと言ってもいいくらいなんですが、その薬についての問題を報道機関が完全無視というのは、どういうことなのでしょう。

人の健康よりも金ということでしょうか。
資本主義は、社会福祉には全く向いていませんね。


関連記事

category: お薬メモ

thread: 健康、美容、ダイエット

janre: ヘルス・ダイエット

tag: 資本主義の不得意分野 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/931-d8444ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop