パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »110803 見下して笑うという構造は、生理的なもの

110803 見下して笑うという構造は、生理的なもの  

スター☆ドラフト会議というテレビ番組を見ていて、笑いの構造について考えた。

単純に言えば、自分よりも下の者を見て、優越感から笑いという顔の動き、表情が出るのだなと思った。

このスター☆ドラフト会議という番組の笑いのゲスなところは、素人を引っ張り出して、笑いのネタにしてしまうことだろう。

ロンハーなんかは、芸人いじりの笑いだから、別になんとも思わない。あるいみ仕事のうちだ。

しかし、夢を追っているほとんど素人のようなひとを引っ張り出して、笑うのでは意味が違う。

テレビがいじめを助長している、というのはすごく安直で単純な二段論法だと思うけれど、この笑いの構造を子供がとらえると、当然、出来ないヤツを笑うという笑いのシナリオになるんだろうと思う。

テレビで大々的にこんなことを放送していたら、このゲスな笑いのまねをするような、バカなヤツも出てくるだろうなあ。

それが分かりやすく、いじめになるというのは、容易に想像できる。
関連記事

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/993-74d3c5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop