パパの育児日記 ホーム »読書メモ
カテゴリー「読書メモ」の記事一覧

140701 読書メモ 『百年法(上)』山田宗樹 有限の生命だから人生に意味がある  

 


久しぶりに寝る間も惜しんで小説を読んだ。
元々SFは好きだし。

世界観ができているのも素晴らしい。
SFはその世界観にどれだけ必然性があるかということが大切になるが、すんなり読めているということは、それだけ納得のいく世界観になっているのいうことだ。

短めのプロットを重ねることで、読者を飽きさせない。
ストーリーを色々な視点で描き、世界観を固めることに成功している。
時間を超えて登場人物を複数回起用すること、手塚治虫のスターシステムと同じだが、その手法に成功しているという筆力の高さがある。

これだけ上巻で成功してしまうと、下巻に期待せざるを得ない。

私の上半期ナンバーワン小説に決定しました。

category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

140630 読書メモ 『人生がときめく 片づけの魔法』 近藤麻理恵 整理整頓は習っていません!  

 


わたしの通知表の整理整頓の項目はいつも『がんばりましょう』でした。
『がんばりましょう』ッて言われたって、学校で、家庭で片づけ方や整理整頓を習ったことはありません。
だいたい、整理整頓が上手な大人は見たことがない。
私の周りはいつも散らかっています。
そろそろ、片づけを勉強してもいいのかもしれない。いい大人なのだから。

散らかすという行為は、問題の本質から目をそらすための人間の防衛本能です。P35


たしかにテスト前に掃除をしたくなりますよね。あれって問題をすり替えているだけみたいですね。
学生の頃になんとなく誰もが、気がついてはいましたよね。

「捨てる」作業がおわるまでは、収納いついて考えてはいけないのです。P54


捨てる前に収納しても、いらないものをただ押し込んでいるだけのようです。

他人の片づけられないところを指摘したくなるのは、自分の片づけがおろそかになっているサインだからです。P77


自分のことでイライラしているのに、他にイライラを向けるということはよくあります。
まず自分に原因があるのではないかと疑ってみることが大切です。

片付け上手になれたら、人生にこんなにいいことはありません。
うちの子も、片付け上手になってもらいたいです。

category: 読書メモ

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tag: 人生  仕事 
tb: 0   cm: 0

140623 読書メモ 『アミ 小さな宇宙人』 エンリオ・バリオス 競争って何のためにするんだろうね?  

 


不思議なお伽話です。
地球よりも文明の進んだ宇宙人であるアミが、争いのない社会制度を教えてくます。
さくらももこさんの挿絵がよく合っていますね。
銀魂の空知英秋だったら、ただのギャグですね。

まだ現実に起きていない先のことをあれこれ気に病むのでなく、いま起きていることにあたることのほうが賢明なことだよP46


まあ、万事が万事、宇宙人の言うとおりには進みません。だってここは未開の地、地球なのですから。
でも進んだ文明では先のことを心配するということはないようです。
準備というのは大切だと思いますが、心配するのと楽しむのとでは心持ちが違いますよね。
準備すらも進んだ宇宙人たちは楽しむことができるのでしょう。

また、他人に勝つ、他人より上にぬけ出すという考えだね。それは競争だし、エゴイズムだし、そしてさいごには分裂だよ。そうじゃなくて、ただ、自分じしんと競争して自分じしんにうち勝つべきなんだよ。他人と競争するのじゃなくてね。進んだ文明世界には、そういった同胞との競争はまったく存在しない。それこそ、戦争や破壊の原因になりかねないからねP171


他人と争うことは無益なことです。それは分かっています。
他人と相対して自分の評価を決めるのではなくて、自分で自分のことを評価することが大切なんだなと、私は大学を二浪したときに悟りました。
他人と比較して自分を評価しても、キリがないんですよね。もっとすごいやつというのはかならずいるんですよね。
ドラゴンボール的に強さがインフレしていくだけです。

進んだ文明世界から来た宇宙人のアミは、ベジタリアンで愛を唯一絶対の神と崇めています。
愛を絶対の神と崇めているというのは私と同一ですが、肉を食う食わないというのは、個人の自由な気もします。
そこまでロハス的なものに染まる気もないのですが、それはまだ私が本当に進んだ文明世界を理解していないからかもしれません。

本はさくらももこさんの挿絵のおかげか、とてもトゲがなく読みやすいです。
空知英秋バージョンも見てみたいですね。

category: 読書メモ

thread: 書評

janre: 本・雑誌

tag: 人生  仕事  お金  宇宙人  競争 
tb: 0   cm: 0

140616 『アナーキー・イン・ザ・子供かわいい』 槙田雄司 マキタスポーツさんは批評眼が凄い!  

 


マキタスポーツさんを知っていますか?
そうです。『みんなエスパーだよ』で童貞の変態オッサンの役をやっていた人です。



マキタスポーツさんは歌ネタもやっている芸人さんですが、その分析力が凄いんです。
たまたま本を書いていることが分かったので読んでみたら、これもすごかった。

二人の娘をもつ父なのですが、結婚を贅沢品と定義してみたり、人を自分の思った通りに動かそうとすることはスケベだとしたり。
意外と哲学的でした。

子育ては辛いけれど、修行だけれど、たまにギフトがあるよ、という彼の持論に、私は勇気づけられました。
また、娘さんとの関わり合い方にも羨ましさを感じました。
雑誌みたいなキレイな、お洒落な子育てなんて無いんだよっというメッセージが良かったですね。落ち着きます。

子育てが辛いと思ったときに読んだらいいんですよ。
肩の力が抜けますよ。



category: 読書メモ

thread: 本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

140513 精神科医は腹の底で何を考えているか 春日武彦  

 


医師が診察の心情と言うよりは、著者がどう感じながら医療に従事しているかというもので、あんまり医療の難しい話は出てこない。

私も薬剤師として薬局で調剤業務をしているわけだが、何も考えずに、患者のために、仕事を献身的にこなしてるわけではない。

言う言わないは別にして、色々なことを考えながら仕事をしている。だれで、どんな仕事でもそうだろう。

むやみやたらと薬を出す医師もいれば、スマートな処方を書く医師もいる。もちろん、アホなミスを繰り返す医師や、知らない薬をMRの言いなりになって、処方してくる医師もいる。

一方で患者も同じ。やたらと検査をしたがる患者。やたらと薬を飲みたがる患者。せっかちな患者。客は神様だと思っている患者。

言わないだけで、イライラしたり、ムカついたり、バカにしたりはしている。

医療情報の開示については、私は筆者の意見に近い。なんでもかんでも患者に説明しても、意味がないばかりではなく有害なこともあると思っている。
仕事だから最低限の説明はしているが、日本の医療制度に対していい方向に進んでいるとは思っていない。

現行のシステムの殆がアメリカの真似事だが、医療と裁判制度はアメリカの真似をしても、日本人の気質には合わないのではないなと思っている。

医療システムは、そのルールを作っている官僚が現場を知らないから、毎回の医療制度の改定で改悪されていく。

ジェネリック医薬品も、お薬手帳も馬鹿げたシステムだと思っている。患者にこんなことは言えないが……。

生活習慣病と言っておきながら、生活習慣の改善はほとんど手付かずて、薬だけを垂れ流している。

患者の家で余っている薬を有効活用したいのなら、せめて処方日数を減らすぐらいは患者の自由にさせてもいいだろう。

現代医療の問題点は、決定する知識のない患者に、医療の選択を迫り、自分で管理できる残薬の管理すら患者にさせないという、ちぐはぐな姿勢にあるのだろう。

category: 読書メモ

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

140502 読書メモ 成功者3000人の言葉  


【送料無料】成功者3000人の言葉 [ 上阪徹 ]

【送料無料】成功者3000人の言葉 [ 上阪徹 ]
価格:1,296円(税込、送料込)



図書館から本を借りていると、予約していて忘れた頃に借りられる本というものがある。

予約した頃のモチベーションは消えてしまっているので、読むということに熱心ではない。

そうなると、こういうビジネスにおける自己啓発系の本は、ただただ恥ずかしいだけ。

「成功なんてしたかったのか、俺は…」という、客観的なダサさもでてくる。

私の中で旬を過ぎてしまったこの本は、チョイダサ系の本として記憶されました。しかも、ほとんど読んでない。

20代前半なら、こういう本から得られるものは多いのではないかと思いますが、30過ぎたら自分で考えることが大事でしょう。

というのも、大体において当たり前のことしか書いていないし、成功するかしないかなんて、結局誰にもわからないということが、わかってしまったから。

今の私としては、ビジネス系の成功よりも、人生の幸福だよね、というヒッピーのダウナー的幸福感を求める思考の方が主流のようです。

category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

140430 読書メモ 減速して生きる ダウンシフターズ 高坂 勝  

 


ダウンシフターズという言い方を著者は気に入っているようですが、少しダサいですね。ミニマム主義の方がカッコいいし、しっくり来るような気がします。

もっともっとと売り上げや効率化を求めている現代社会において、売り上げが上がらないように、無理をしないように生きるということは、とても羨ましいです。

年収300万円という生活は共働きだからこそ成り立つし、住宅ローンがないというのも大きいと思います。

それでも、半農半Xという生活や誰かに急かされることのない仕事というのは魅力的です。

私自身も薬局で仕事をしていて、なぜこんなにも客をさばかなければならないのか?、なぜ毎年、売上をUPさせなくてはならないのか?疑問でした。

やはり、そんなことは社会のためではなく、一部のお金が大好きな人たちのためだったのですね。

うちも半農半サラリーマンを始めようかな?

仕事に意味を見つけられない人、人生に疲れてしまった人におすすめの一冊です。

category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

140419 読書メモ 「モンキー・ハウスへようこそ(1)」 カート・ヴォネガット・ジュニア   

 
モンキー・ハウスへようこそ 1

モンキー・ハウスへようこそ 1
価格:691円(税込、送料別)



何がいいのかわからないが、とにかくいい!

好き嫌いが別れる作家だと思う。

カート・ヴォネガット・ジュニアを好きな人は、きっと村上春樹も好きかもしれない。

お金を持っているが貧乏な暮らしを続けている男の話「フォスター家の財産目録」、本物の人間でチェスをやる「王様の馬がみんな……」が秀逸。

category: 読書メモ

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

140418 読書メモ 『沈黙』 遠藤周作  

 


実は、前々から気になってはいたのです。前々というのが古すぎるくらい。たぶん、高校生の頃に最初に読みたくなったのだと思います。

有名な本なのであらすじは知っていました。知っているからこそ今まで読む機会がなかったのです。

読んでみると予想とは違いました。

この聖なる争いを描いた作品が、私の中ではどうしても漫画の『彼岸島』で脳内再生されてしまうのです。

もちろん、司祭たちが人間で、江戸時代の日本人達が吸血鬼で。

まあ、読めて少しスッキリしました。

category: 読書メモ

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

140325 何にでも事はあるもの!? 『赤ちゃんがストンと眠る100のコツ』  

 


「深夜を過ぎても、お目目ぱっちり」。「寝ぐずる、ふとんに降ろすと泣く、夜中に起きる……」。毎晩の子どもの寝かしつけは、1日中子育てにかかりきりで、最後の最後に待っている大仕事。本書は「一体、どうしたらこの子は寝てくれるの?」と、毎晩の寝かしつけに疲れ果てているママ&パパに贈る寝かせの小ワザ集です。あなたの赤ちゃんの眠りのツボがきっと見つかります。



何にでもコツというのはあるものなのですね。

うちの子は寝かしつけの時に1日で一番泣くのですが、最近では慣れました。この子はこういう子なんだな、という感覚になっています。

でも、すんなり寝てくれたら、親も子も負担が少なくていいと思います。赤ちゃんは泣くと汗びっしょりになってしまうので、すんなり寝てくれたらムダな着替えとかもしなくてすみますね。

この本にはたくさんの寝かしつけのアイデアがのっています。もちろん、規則正しい生活をしましょう、電気、テレビを消しましょうといった、ごくごく基本的なことから、手を握りましょうとかいうことまで。

うちの子はトントンしても全然寝てくれなくて、今のところエルゴで抱っこが最強なのですが、昨日の夜は手を握って温めていたらすんなり寝てくれました。

奥さんの育児ストレスの軽減にもやくだつかもしれません。

category: 読書メモ

thread: パパの育児

janre: 育児

tag: 育児  イクメン  寝かしつけ 
tb: 0   cm: 0

140316 エンデ全集10 散文ばかり  

 
 エンデ全集10という本を借りたのですが、散文ばかりでストーリー的に面白いものはほとんどありませんでした。

 そんにかにも、キラリと光るものがあるから流石です。
「綱渡りフェーリクス・フリーゲンバイルのバラード」が幻想的でよかったです。

まだ読む時期ではなかったのかもしれません。

category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

140314 ケトル 村上春樹特集を読んだ。 文化的雪かきがセンチネルの役割  

 



 図書館では古い雑誌も貸してくれるんですね。図書館が近くにあると、読書が趣味の人間は、飽きることがありません。なにせ、一生かかっても読み切ることができない本の山がそこにあるのですから。

 ケトルという雑誌は読んだことがなかったのですが、村上春樹特集はとても良く出来ていると思います。
特に、村上さんの小説に出てくる本と音楽のページがまとまっていてよかったです。

 家事などの文化的雪かきが、センチネルの役割をしているという解釈は、面白いし、家事を丁寧にやる動機を与えてくれます。(ほとんどの人には、文化的雪かきの意味がわからないと思いますが、わかる人にだけ分かれば生きのです)

 村上春樹さんの著書は、好きで大学生だった頃に、出版されているものは翻訳者も含めて、ほとんど読んでしまっているくらいに好きです。

 1Q84がまだ未読なので、読んでみたいですが、村上作品は中毒性が高いので、少し怖いです。

 あまりにも好きすぎると、距離をおいてしまうものなのですね。

category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

140312 読書メモ 住まいの解剖図鑑 家を買う前の人向けの本  

 
【送料無料】住まいの解剖図鑑 [ 増田奏 ]

【送料無料】住まいの解剖図鑑 [ 増田奏 ]
価格:1,890円(税5%込、送料込)



家を買う前の人、家具を買う前の人は参考になると思います。

買ってしまった人は参考になることはほとんどありません。

2回も家が買えるようなお金持ちは参考になるかもしれません。

私はマンションをすでに買ってしまったので、家具を買い換えるときぐらいしか参考になりそうもありませんでした。

category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

140310 読書メモ 『プロチチ』 逢坂 みえこ アスペでダメな父親ですがイケメンですからね…。  

 
【送料無料】プロチチ(1) [ 逢坂みえこ ]

【送料無料】プロチチ(1) [ 逢坂みえこ ]
価格:600円(税5%込、送料込)



【送料無料】プロチチ(2) [ 逢坂みえこ ]

【送料無料】プロチチ(2) [ 逢坂みえこ ]
価格:600円(税5%込、送料込)



生真面目でこだわりだしたら止まらない夫・徳田直と、敏腕編集者の優しい妻・徳田花歩の間に誕生した一粒種・徳田太郎。対人関係でトラブルの多い直は、これまで仕事が長続きせず、現在無職。キャリアウーマンの妻に大黒柱になってもらい、専業主夫として育児に専念することに。予防接種にオムツ交換。転倒予防に公園デビュー。未体験のオンパレードに発見の連続。育児することにのめり込んで行く!



 漫画としては絵もキレイで、ストーリーも面白いと思います。

保育園、夫の無職、などのファミリーストーリーをもりこみつつ最終的には息子の可愛さへ逃げるという、現実の夫婦としてもありそうな展開です。

アスペの考え方なんかを知るのにもいいかもしれません。

アスペルガー症候群

category: 読書メモ

thread: 漫画の感想

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

140302 読書メモ 『ふがいない僕は空を見た』 窪 美澄 ただの女子校生むけのエロ小説かと思ったら…  

 


高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだがー。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。R-18文学賞大賞、山本周五郎賞W受賞作。



 読み始めは、ただの女子校生や主婦向けのエロ小説かと思いましたが、読み進めるうちにまともな小説になり、最終的には結構、心に響くものがありました。私も高校生の時にエロい主婦とセックスしまくりたかったなと…。


「線を引くのは難しいよ。性欲とか、恋愛の境目をきちんと分けるのは。別に分ける必要もないんだから、なんて割り切って思えるようになればいいんだけれど」P108


女性のことはわかりませんが、少なくとも男には、性欲と恋愛の区別はありません。
セックスしたい女を好きになるということだから。
性欲と恋愛を区別できるのは性的不能者だけでしょう。
私自身は、区別する必要もないと思っています。
うちの奥さんと結婚したのも結局はそういうことだと思います。

女性の「体を許すと、そっけなくなる」と感じる男の態度は、まさにその通りだと思います。
つまり、1回のセックスで興味を失ったということだと思います。身体だけという意味ですね。


 自然、自然、自然。ここにやてくるたくさんの産婦さんたちが口にする、自然という言葉を聞くたびに、私はたくさんの言葉を空気とともにのみこむ。彼女たちが口にする自然、という言葉の軽さや弱さに、どうしようもない違和感を抱きながら、私はその気持を言葉に表すことができない。乱暴に言うなら、自然に産む覚悟をすることは、自然淘汰されてしまう命の存在をも認めることだ。P198


ヒトの思う自然とは、不自然な状態です。
不自然さを社会で守るということが、文化であり福祉です。
医療現場にいると、この『自然』とか『オーガニック』とかの胡散臭さに反吐が出ます。


この小説は映画化もされているようです。
コスプレセックスの変態主婦は田畑智子さんが演じているようなのですが、觀てみたいです。



category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop